読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

樹はHustler

たぶん彼の事しか書きません。

ぬるま湯

気持ち

 

 

ぬるま湯だなぁ。

 

 

 

 

 

嵐は差がないグループ。

誰もセンターじゃないし衣装格差もない。

あとで気づいた。幸せなんだって。珍しいんだって。このグループは異様なんだって。

 

 

 

 

 

Sexy Zoneなんてファンじゃなくても知ってるレベルで格差。暗黒の3人時期。

でも私の推しはセンターじゃないけど実質

人気No.1。みんなの王子様ってやつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、自担に苦労したことない。

 

 

TVをつければ見れる。

 

 

勝手に推されてるから見れる。

 

 

 

 

 

ぬるま湯。

 

 

 

 

 

 

 

今、私がハマってる人は客観的に見てNo.4だと思う。ダントツの2トップと4人。

No.3は元々推されてた人。推されてた人って私が言っていいのかわかんないけど、

この人がいなかったらJr.ブームだって起こらなかっただろうしバカレアもSixTONESもなかったはず。あのシンメがなかったら今見ている光景もなかっただろう。

それが時を経てシンメが変わってグループが生まれた。シンメが変わったのは事を語るつもりはない。それは私が話すことでもないし彼が決めたことなんだろう。それならそれでいい。ファンはそれを応援するだけだから。

 

 

 

 

 

そう。初めて。初めて格差のある方のファンになった。格差って言っていいのかな。なんだろう。比較的推されてない方のファンになった。何だろう何て言えばいいの?

表現がわかんない。

 

 

 

 

 

誰かわかって。

私はこんなぬるま湯に浸かってたんだ。

 

 

 

 

 

 

辛いときあるんだなぁ。仕方ないけど。

頑張ろう。

少しだけ映る瞬間にときめけばいい。

一瞬に懸けたらいい。

一瞬だからこそときめき倍増なのかも。

 

 

 

 

 

 

 

救いなのはラップっていう武器があること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は嫉妬しちゃうんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全員が同じって難しいんだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぬるま湯から水風呂で耐えよう。

 

 

 

そのうちに沸騰させていい湯加減にすればいい。する。してやる。